- 住宅ローン金利の交渉術|計算や比較に便利なフリーソフト 忍者ブログ 貯蓄
.
住宅ローン金利の交渉術|計算や比較に便利なフリーソフト
長い不況の影響もあり住宅ローンを始めとしたカードローン、キャッシング等、借入をするのも計画準備リスク管理が重要な時代になっています。多くの方の人生にとりまして一番大きな買物になるであろう住宅ローンを中心にローン金利や利息の計算方法に、簡単に使える便利なフリーソフト情報中心に更新しています。また、私自身の経験を元に金融機関との交渉術も載せています。ご参考までに【2010.10.02】

<スポンサードリンク>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>


先日、古くからの友人から住宅ローンに関して
相談メールがはいりました。
内容としては、早期退職を考えていて
分譲住宅の購入を考えています。


すべて現金で支払うことは可能なのですが、
少しでもローンを組んだ方が
税金対策とかにになるのでしょうか!?


それとも、ローンなどは組まないで全額を
現金で支払った方が得なのかな・・・!?



以上のような内容でしたが、私の答えとしては
以下のような感じになります。


税金対策という事であれば、全額現金での
購入が有利かと思います。



所得税の軽減額だけを考えると、住宅ローン減税は
とても魅力があるのですが、資金収支から考えると
普通は、全額現金での購入が有利になりますね^^


仮に、11年入居の場合の住宅ローン減税は、
年末借入金残高の1%(最高40万円)を10年間、
所得税から控除できる内容になっています。


でも、特別な優遇をしている銀行からのローンを
除けば、ローンを組んだ場合の諸費用や金利等の
合計額が、住宅ローン減税の控除額を上回る為
何か他の理由で、現金を手元に残しておく方が有利。



或いは家族構成や健康状態など、今後の慣習や
ライフスタイルで、不安等がない場合でしたら
先ずは、現金購入を優先的に考えるべき!


まぁー!以上のような内で返信しましたが
この友人の場合は50代なので、住宅ローンを
組むことでの控除や減税等、それほど大きな
メリットはないように思いますね^^

【住宅ローン借入資金計画用のシュミレーションソフト】はコチラから


PR

<スポンサードリンク>
プロフィール
HN:
Mr.K
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/12/07
職業:
金融系マーケティング会社勤務
趣味:
アウトドア全般・ブログ
自己紹介:
私の生活の中で大事な部分
借金やローンの事について
自分なりに日々、色々と
考えたりしています。


特に人生の中で一生に
一度あるかないか!?


最大且、危険な買い物
住宅ローン情報を集め
更新しています。
宜しくお願い致します^^

スポンサードリンク

あとで、もう一度読んでみよう^^
ブックマーク
ブログ内検索
カウンター
Copyright (C) Mr.K All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]